ABOUT ME

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

★動作環境確認済:IE8/1280x1024


どうせ「見た・聞いた・読んだ・知りたい」なら記録を残そう!

『Existence〜存在すること〜』はブログ制作者であるZexionが、本・音楽・映画・TVゲームなどを中心に気になった商品、おすすめの商品の感想・情報を紹介するブログです。自戒を込めて「ネタバレはできるだけ注意して回避。作品の長所を取り上げる。未読者でも既読者でも読める感想。」を守りつつ感想・情報を紹介します(したいです)。

当サイトに掲載されている商品画像はアフィリエイトプログラムによってご紹介しています(サイトが華やかになりZexionがうれしい及び著作権者による許諾があると考えられています)。複数の広告主サイトにリンクしているので、リンクの前後に広告主サイト名を記入しています。また記入がない場合は原則Amazonにリンクしてあります。

また、2009.01.28からJUGEMの広告仕様により、記事の下部に広告が表示されるようになりました。管理人Zexion がおすすめして紹介しているわけではありませんことをご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

アフィリエイトとは運営しているサイト/ブログ/メルマガなどと企業(広告主)が提携し、物品の購入や資料請求などの広告効果に応じて報酬を受け取る一連の仕組みをアフィリエイト(=提携・加入する、という意味)といいます。もちろん、あなたが『Existence〜存在すること〜』の画像やテキストをクリックしたことによって金銭を請求されるわけではありません。

『ホエール・トーク』 クリス クラッチャー(著)―読書記録

0
    有色スイマー、鈍才、秀才、マッチョマン、巨漢、カメレオンマン、サイコパス。これがおれたちの水泳チーム。7人ののけ者。7人のヒーローだ。

    これほど読み応えのある
    ユニークな青春小説にはめったに出会えない。
    「奇跡」にも似た作品といっていい。―訳者あとがきより(帯引用)

    ホエール・トーク

    ホエール・トーク

    発売日:2004年03月31日
    通常価格:¥ 1,680 (税込)
    著者:クリス クラッチャー
    翻訳:金原瑞人 ,西田 登
    ページ数:285ページ
    出版社:青山出版社

    ↓商品の詳細・購入はこちら
     ホエール・トーク
    楽天市場(楽天ブックス)
    『ホエール・トーク』の詳細・ご購入はこちら
    ■ 書店受け取り送料無料のe-hon
    『ホエール・トーク / クリス・クラッチャー著 / 金原瑞人・西田登訳』の購入・詳細はこちら

     主人公 ザ・ダウ・ジョーンズ通称 T・J は黒人と白人と日系を先祖にもつ混血の少年。人種差別主義者が幅をきかせる田舎町の高校に通う主人公 T・J は、高校の落ちこぼればかりを集めて水泳チームを結成し、大会優勝を目指す。人種差別を乗り越えて仲間と栄光をつかむ正統派スポ根もの・・・とは一線を画している。

     というのも『ホエール・トーク』は、「スポーツ青春小説」の要素以外に、人種差別、幼児虐待、ドメスティックバイオレンス、ドラッグ、そして当たり前のように銃が存在する。「水泳チームを結成し、大会優勝を目指す」など日本を舞台にしていては描かれない重いテーマの数々が同時に浮かび上がっていく。
     
     主人公のT・Jは、身長190センチの「ステロイドを使ったタイガーウッズ」とも言われる体格で、百メートルのタイムは10秒4を誇る抜群の運動神経、驚異的に高いIQ、おまけに本質を見抜く表現力はモンスター級・・・の少年は本書『ホエール・トーク』の重たいテーマなんて有形無形にはねのける。

     一方、T・Jの通うカッター高校は、スポーツが盛んでスポーツクラブの人間が異様なほど幅を聞かせている。運動神経抜群のT・J だが高校のスポーツクラブには絶対に入らないと決めていた。ところが、「人種差別主義者ってのはよほどのばかか、劣等感のかたまりで、いつもだれかを見下していないと安心できないやつ」とのある事件のきっかけもあり、水泳チームを作ることになった。立ちはだかったのは、カッター高の花形フットボール選手バーバーや、その先輩にあたる卒業生リッチなど人種差別主義者たちである。

     スポーツが盛んな名門校のはずが、水泳に関してはプールもないお粗末さ。T・J自身は13歳の頃には、ふたつの水泳大会に出て、二度ともジュニアオリンピックへ勝ち進むほどの実力者だが、集まったメンバーは幼いころの虐待のせいで脳障害を抱えるクリス、体重130キロの巨漢サイモン、いるかいないかわからない平凡すぎるほど平凡なジャッキー・いつも殺気立った目で相手をにらみつける義足の不良アンディなど、ひと癖もふた癖もあるくせに、ろくに泳ぎを知らない者ばかり。チームの練習場は、町で唯一の室内プールがあるフィットネスクラブ。コーチはそのクラブを家代わりに(隠れ住んでいる)しているオリヴァーとT・Jに水泳チームの話を持ち込んできたシメット先生。

     構成メンバー、有色スイマー・秀才代表・鈍才代表・筋肉マン・巨漢・カメレオン・そして義足の精神異常者という7人ののけ者。7人のヒーローが目指す唯一の目標は、水泳大会で華々しい成績を収めカッター高、栄光の証であるブルーとゴールドのスタジャンに身を包み、カッター高の校内を歩き回る、体育会の連中に一泡吹かせることだ。

     水泳のことばかり書いてきたが、この『ホエール・トーク』は様々テーマを指摘したとおり、様々な人々を巻き込んでいく。T・Jの行き方の道しるべになる養父母、穏やかで理性的な信頼できる彼女カーリー、卒業生であり人種差別と幼児虐待を起こすリッチ、リッチから逃れようともがくリッチの妻と娘。

     「著者はこんな人(プロフィール)」で紹介している、ファミリー・セラピスト、児童保護活動の専門家の視点を存分に生かしながら、人種差別・幼児虐待などに潜む問題、それを乗り越え克服するために必要な存在を、テンポ良く進む物語に的確に盛り込んでいる作品。

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■ Zexionの検索情報局 ■□■□■□■□■□■□■□■□■

    金原瑞人 に関する書籍

    Amazonで検索できるすべてのカテゴリーで“金原瑞人”を探す≫
    おはな 金原瑞人 全商品集合
    楽天市場で検索できる全商品から“金原瑞人”の新着商品を探す≫
    おはな 金原瑞人 に関する全商品集合

    Yahoo!ショッピングで検索できるカテゴリーで“金原瑞人”を探す≫
    おはな 金原瑞人 全商品チェック

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■ Zexionの検索情報局 ■□■□■□■□■□■□■□■□■

    ■↓Used商品(中古)で定価価格より安く購入したい方はこちらもどうぞ
    BOOKOFF Online で『ホエール・トーク』の新刊本と中古本を探す
    icon
    livedoor BOOKS
    『ホエール・トーク』の新刊本と中古本を同時に探す


    ■Amazon以外でみんなのレビューが見たい方はこちら↓
    セブンアンドワイで『ホエール・トーク』の詳細をみる
    icon
    ビーケーワン で『ホエール・トーク』の詳細をみる

    さらに詳しい情報はここでゲット!
    「ホエール・トーク」 クリス・クラッチャー
    すみ&にえ「ほんやく本のススメ」の「ホエール・トーク」ページ
    すみ&にえ「ほんやく本のススメ」 TOPページ
    お薦めの翻訳本をすみさん(姉)、にえさん(妹)の会話形式で紹介。ベスト作品、名作古典文学などの話題別掲示板もあり。

    ■著者はこんな人(プロフィール)■
    クラッチャー クリス(Crutcher,Chris)
    1946年アメリカ・オハイオ州生まれ。これまでに刊行された、本書を含7冊のヤングアダルト小説および短編集は、すべてALA(アメリカ図書館協会)のヤングアダルト・ベストブックに選ばれており、最新刊の自伝“King of the Mild Frontier”も好評を博している。ファミリー・セラピスト、児童保護活動の専門家としての顔も持ち、自身の経験をいかして、現代のティーンエイジャーが家庭や学校、スポーツの世界などで直面している問題を、リアルにかつ誠実に描き出す。ヤングアダルト文学および思春期文学への多大な貢献により、マーガレット・A・エドワーズ賞およびALAN賞を受賞している。ワシントン州スポーカン在住。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ネットショップ 検索窓リンク集―本購入編
    求めている商品が見当たらないのでしたら『Existence〜存在すること〜』に設置しました検索窓リンク集をご利用下さい。
    キーワード:「 ホエール・トーク 」・「 クリス クラッチャー


    スポンサーサイト

    0

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック